株式会社ヤマザキ 太陽光発電プラザ

ひとりゴト

いつの間に。 ( 2017/06/15 )

先月31日に撮影しました。
プラザ軒先にある昨年作成の巣に
子ツバメが誕生してました。いつの間に・・・

昨日巣を見上げたら
ナント!空っぽでした。いつの間に・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あちこちで満開。 ( 2017/04/17 )

 

土曜・日曜日とても大勢の人々が訪れた上田城跡公園より少し遅れて
神川沿いの桜も満開!
そしてここプラザのハイビスカスも次々と!

 

 

咲きました ( 2017/03/23 )

プラザに運び込まれたハイビスカス
このまま枯れ木になるかと心配していた。
さすが!
大きな窓で常にサンルームのプラザは
花たちにとって快適な場所

あなたも美しい花咲かせましょう
サンルームプラザへお立ち寄りください
ご相談お待ちしてます

 

 

桜のつぼみ、まだ固い ( 2017/03/22 )

ヤマザキ太陽光発電プラザ近くの神川堤防の桜並木
まだつぼみは固い・・・かな
ここはとても静かな場所
川のせせらぎが心地よい

あと少し!
桜が咲き始めたら
🍙を持ってまたこよう

 

 

 

恵方巻? ( 2017/02/04 )

「恵方巻きとは、節分に恵方を向いて食べると縁起が良いとされている太巻き寿司のこと。およびそれを食べる風習のこと。もともとは大阪を中心とした地域で節分の丸かぶり寿司節分の巻き寿司などと称されていた。商業イベントでもある。」

と、Wikipediaにあります。また、

「恵方巻という名称は、1998年に大手コンビニが全国発売にあたり商品名に『丸かぶり寿司 恵方巻』と採用したことにより、2000年代以降に急速に広まった。それ以前に恵方巻と呼ばれていたという文献類は見つかっていない。」と、続いています。

商業イベント・・・であろうがなかろうが、巻き寿司を恵方に向かって丸ごと1本無言で食べると願いがかなう!と言われれば、海苔巻き寿司好きの私としては採用しない手はないでしょう。1年の災いを祓う豆まきを盛大に行い寿司を食べる、が我が家でも節分なのであります。

この日の為に日々発声練習をしてあらゆる窓を開け放ち豆をまく、自身も清く生まれ変わるこのイベント・・いや行事は必ず決行しなければいけません。

ということで、今年の恵方巻。

ナント!慌てて作成したせいか、いつものように切ってしまいました

夜9時過ぎに大声で豆をまき、普通の海苔巻き寿司をおしゃべりしながら美味しくいただいた2017年節分となりました。

霜柱 ( 2017/01/25 )

いや~寒い!

自宅玄関脇の温度計はマイナス11度、

台所は0度

霜柱をザクザクと踏むのは楽しいけれど

降り積もった雪が昼間も溶けなくて

工事現場は大変です