株式会社ヤマザキ 太陽光発電プラザ

最新情報

気になる新FIT法 ( 2017/02/03 )

「設備認定」から「事業計画認定」へ
●電力会社との接続契約が締結できていることを要件化し、
 事業実施の確実性の高い案件を認定します。

●メンテナンスの実施や関係法令の遵守等を求め、
 事業の適切な運営を確保します。

●太陽光発電において、認定取得から運転開始までの期限
 (10kW以上は3年、10kW未満は1年)が設けられます。

●この期限を超過した場合、10kW以上については超過した期間分
 調達期間から短縮され、10kW未満については認定が失効となります。
 ※旧制度から移行する案件については、平成28年8月1日以降に電力会社と
  接続契約を締結したものに対して運転開始期限が付与されます
 (起算日は新制度に移行した日)。

買取義務者の変更
●平成29年4月1日以降、新たに特定契約(買取契約)を締結する場合、
 認定設備で発電された電気は送配電事業者が買い取ることになります。
 平成29年3月31日以前に成立している特定契約については、
 引き続き小売電気事業者が買い取ることが可能です。

気になる平成29年度以降の買取金額 ( 2017/02/03 )

来年度(平成29年4月1日)よりFIT法(再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法)は大きく変わります。
まずは気になる売電価格について。
現在パブリックコメント中(2017.2.11まで)ではありますがこのまま決定すると予想されます。

「平成29年度以降の調達価格及び調達期間についての委員長案一覧」

 

株式会社ヤマザキのホームページをリニューアルしました。 ( 2017/01/17 )

株式会社ヤマザキのホームページをリニューアルいたしました。
今後ともよろしくお願い致します。

理論限界を突破、シリコン利用の太陽電池で30.2% ( 2016/11/24 )

ドイツのフラウンホーファー研究所が、ケイ素(シリコン)を利用した太陽電池セルで変換効率が30.2%に達したと発表しました。 » 記事ページへ